2016年7月5日火曜日

JC静岡参戦「夜ふかしフライト」編

ジャパンカップ静岡大会に参戦するため、行きの飛行機をスカイマークの「夜ふかしフライト」にしてみました!



夜ふかしフライトはスカイマークが夏場に運行する深夜便、7月2日から10月まで増便となり金額がやたら安い!

7月2日(実質は(金)搭乗)
新千歳0時10分発→羽田2時00分着

で今回は5,780円!

朝の便が11,780円だったので6,000円安い。



こいつは遠征費節約に最適だ、羽田ついたら交通機関はタクシーしかないが、始発まで寝てりゃいいし・・・

と思ったら


羽田国内線ターミナルは深夜便が到着次第閉まるため、中にいることができない( ´△`)

国際線ターミナルは24時間やっているが、タクシーで移動するだけで2,000円オーバーだし荷物が危ない。

近いネカフェは蒲田駅付近にあるがタクシーで3,000円位にネカフェ代金ってもはや安さのメリットねぇよ\(^o^)/

てなわけで、わりと使い勝手が悪いことが判明。これ東京にクルマ持ちの友達とかいない限りは、メリットないなぁ。

でもキャンセルしたら、ほぼキャンセル料でなんも戻ってこないし・・・




ここは仕方ないから、スカイマークの降り立つ羽田第1ターミナルのコンパクトホテル「ファーストキャビン」に宿泊することに。お代は6300円、まぁとんとんで収まるか・・・

23時半に保安検査場を通過すると、中にはなかなか人が。空席はあるがかなりの利用客がいました。

羽田につくと沖縄行きの夜ふかしフライトを待つ客がこれまたたくさん。

みんな気合いだなぁと思いつつ、空港を一旦出てファーストキャビンの夜間通用口へ。

8時に起きて、風呂入って、飯くって、羽田たからパステルのプリン食って、10時にチェックアウトして他と合流。

早起きしなくていい、空港までの高速乗らずに節約できたから悪くはなかったです。


東京2以降の遠征に使えるかもしれないので、検討の価値はあるかもですぞ。成田より移動は格段に楽ですしね!

0 件のコメント:

コメントを投稿