2016年7月10日日曜日

課金シリーズ2 ミニ四駆72mm六角チタンシャフト

ミニ四駆課金シリーズ第二弾にして、パーツ単位では最大級クラスの課金率を誇るパーツ・・・

ミニ四駆72mm六角チタンシャフトセット(94326)

をご紹介します。

二次ブームが冷めきった時期に生産されたこのパーツは、2011年復帰当初は2,000~3,000円位で流通してました。ただ当時はその相場が理解できずスルーしてました。

それが今や10,000円を楽に超える、金やプラチナかよって相場に( ; ゜Д゜)


性能的には

・ノーマルや強化シャフトより軽く

・中空シャフトより頑丈

・ノーマルが曲がらない領域まではチタン特有の形状記憶機能が働きしなる

・曲がった場合は手曲げで治せる場合もある

といいとこどりなんですよね(゜_゜)

太さも微妙に太いため、スパーやクラウンの六角の遊びが減る(人によってはスパーが噛むという報告も)。

ホイールの貫通は1・8ミリじゃきついので、1・9に拡大しています。


走りの方は、着地のときに若干のサス効果があるとか言われてますが正直わかりません(笑)

ブラック強化によくある、スパーの軸噛んだりはないです。ギアトラブルは減ったような・・・


ちなみに精度はあまりよくないのも混ざってますが、ほとんど問題ないし高いので無視して使っています\(^o^)/





欠点はコースアウトしたときの被害が尋常じゃない。LCで飛んで壁にぶつかって1本曲げで7,000円・・・まぁこれは使う人が悪いんですがわらい


なのでオススメはできないパーツでした。
ちなみに社外は64チタン製と素材から違うからタミヤのと同じ特性ではないみたいです。


チタン以外だと、ラジ四駆強化シャフトや旧強化シャフトはオススメですが、これすら今や課金パーツ。

ラジ四駆シャフト買いまくって選別して半分以上捨てたのが懐かしい・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿